「民間銀行の国有化の手続きについて」

財政委員会の決議

民間銀行の国有化手続き(指導)について

この命令は、この命令の第4条に基づいて、1917年12月14日の銀行の国有化に関する人民委員会評議会の命令(Sobr。Uzak。1917、No. 10、Art。150)を作成するために発行された。

アートで指定されています。 1国有化は、民間の起業家の手から国家(人の)銀行との合併による国家の手への信用機関の移行だけでなく、ロシア社会主義人民銀行の現代社会システムの条件によって課されるタスクに関してこれらの機関の活動を新たな基準で再編成することでもある。ソビエト連邦。

3.支店、代理店および手数料を持つすべての民間商業銀行は国有化の対象となります。

民間銀行の国有化は、特別清算委員会および技術委員会の最密接な監督の下で当分野で行われています。これらの大学の構成は、前の地方機関の管理者と一致して地方議会の財務部の長によって任命された。国家銀行は、元民間銀行の各支店からの代表1名、元民間銀行の上の委員会、および元からの2名の代表を含みます。州の銀行(州の銀行の代表者は、基礎となる機関の管理者を含まなければなりません)州の銀行は存在せず、銀行の最寄り機関からの代表者と州統制の代表者1人が清算および専門学校に参加するために出向する必要があります。大学の元議長が集まります。州立銀行

理事会は、財務部門の長との管理者の合意、および諮問投票を有する他の有能な者の同意によって招かれることがあります。大学を代表する論文と通信は3人の人物によって署名されています。以前は管理していた民間銀行。前者の上に国家銀行とコミッショナー。プライベートバンク

清算および専門学校は、この指示に従って行動を起こし、元民間銀行の国有化に関連するすべての問題については、地方自治体部門のモスクワにある人民銀行の中央事務所で解体されます。

4.以前の機関。州銀行は、今後、国立銀行の主要支店(または国内銀行の事務所)と呼ばれ、支店は前者から変換されます。民間銀行は、国立銀行の支店(または旧州銀行の機関が事務所と呼ばれる場合は単に支店)と呼ばれるべきです。

5.教育機関以外の都市では、国営銀行、民間銀行の機関は1つしかなく、後者は清算の対象となります。民間銀行の支店が2つまたは複数ある都市では、地域のニーズに応じて、これらすべての支店が1つまたは複数の支店に統合されます。いずれにせよ、地方の経済状況が一つ以上の国立銀行の支店の開設を必要とするならば、本店(支店)は全国銀行の本部事務所で動機付けられた代表とともにこれに入るべきです。

6. 1917年12月14日は、前者の清算が予定されるべき主要日付として考慮されるべきである。プライベートバンクしたがって、実際の国有化の日にかかわらず、国立銀行のすべての機関は、前者から変換しました。民間銀行および現在運営されている民間銀行は、転換の対象となる銀行と同様に、その日以降の業務を国家の費用で、すなわち人民銀行の費用で進めて検討する必要があります。しかし操作は前者の行動と有機的に関連していた。 1917年12月14日までの民間銀行は、1917年12月14日に清算の貸借対照表が作成されるまで人民銀行の口座に含まれるべきではない(第7条)。この時点以降、これらの操作も国立銀行の残高に従って行われます。

7.すべての機関完全に清算され、合併した民間銀行は、1917年12月14日に清算のバランスシートを作成しなければなりません。

これらの残高の集計は、まだ実施されていない場合は、この回覧の受領日から1か月以内に完了しなければなりません。残高のモデルは、民間銀行の貸借対照表が公的な出版物に掲載された形であり得るが、これらの貸借対照表を人民銀行の全残高およびすべての外国口座と併合することを可能にするすべての情報を含む。 。

貸借対照表が1917年12月14日にコンパイルされると、同じ年の12月31日の期間について1917年12月14日の口座から利息が発生します。この期間は、金利が1月1日に計算されるときに複利の予測がないように設定されています。

8.清算報告書は、1917年1月1日から12月13日までの間に損益なしで作成され、すべての総勘定元帳勘定に対応する期首および期末の貸借対照表、および各事業の全体像を示す詳細な抜粋が提供されます。これらの残高を国立銀行の全体の残高と統合することは技術的に可能です。

備考機関のバランスの全体的な評価に関してはex。 1917年12月14日に民間銀行は、そのようなものはその後期限内に与えられるであろう指示に基づいて生産されるでしょう。

9.すべての申請を伴う1917年12月14日の天びんの生産については、清算および技術専門部会はこれらの残高を前者の理事会の下に設立された専門専門学校に送付する。提携によると、民間銀行(例えば、旧ヴォルガ - カマ商業銀行の支店の清算残高はペトログラードのこの銀行のテクニカルボードに、ボードはモスクワにある銀行の支店 - 国立銀行のモスクワ事務所の清算部門に送られます)。さらに、清算残高は人民銀行の中央管理の下で地方機関の部門に提出され、最後にこれらの残高は前者の機関に転送される。加盟国の銀行。すべての場合において、前の指示に従って、明細に詳細な申請書が送付されます。

10.機関が前の場合民間銀行は清算され(段落7)、清算の貸借対照表は自動的に国内銀行の関連機関の貸借対照表にマージされます。前者なら。民間銀行の支店は、1つまたは複数の地方銀行の民間銀行の支店と合併し、要約すると、清算の貸借対照表は、新たに設立された人民銀行の機関の当初の貸借対照表を表します。その後、すでに国内銀行の費用で12月14日以降に行われたすべての売上高がこの初期残高に導入され、したがって国内銀行の支店の残高が任意の瞬間に得られます。

これらの最後の残高は、一般的な方法でセンターに報告され、国立銀行全体の合計連結貸借対照表が作成されます。

1919年に始まって、国立銀行のすべての機関は前者のバランスの形で彼らのバランスシートを提出しなければなりません。時宜を得た方法で確立される変更を伴う州銀行。そして、一般的に、前者からの国立銀行の新しく組織された支店のすべての業務。アクティブでもパッシブでも、プライベートバンクは、新しいオーダーの基本原則から逸脱していないため、法令、命令、規則、および国家(旧州)銀行の指示に基づいて将来にわたって維持されます。

前者の枝のアカウント。彼らのボードを持っている民間銀行は貸借対照表に残り、古いオペレーションの実際の清算までその上に現れます。

前者から形成された支店との国立銀行の機関の業務上の関係の売上高。民間銀行、そしてそれらの間の後者の関係のために:「銀行との清算および決済口座」という名前の特別な一時口座を開設する。前者のすべての借金請求もこれに関連しています。前者に国家銀行。民間銀行(1918年6月5日付の回覧第861号)、前者の経常収支に対する後者の自由な合計。前者のためにリストされた州の銀行と他の金額。民間銀行、または他の口座で彼らに負っている。当該債務請求の担保は前者の支店に返還するものとします。場合によっては民間銀行は、国立銀行の独立した支店を形成します。

13.民間銀行の支店の合併によって形成された国立銀行の支店では、古い業務帳簿は1918年末まで残っています。民間銀行から変換された循環現金および交換資本の支店の供給(会計および報告のための様式2および6)は、主要支店(事務所)に割り当てられます。

14. 1918年末まで人民銀行の支店に変わった民間銀行の支店は、古いワラントとフォームを使用していました。フォームにもう一度スタンプ、対応するスタンプと印鑑を刻印する必要があります。

日々の売上高のバランスシートは、国家(州)銀行の形態に関連して維持されている。

上記によると、前の操作の実際の清算。民間銀行は人民銀行の機関によって作られるでしょう、そしてこの清算は、厳密には新しいシステムの下で存在する権利を失った口座だけに関係するべきです。同じ操作例生活基盤を維持してきた民間銀行は、国立銀行とそれに対応する前者の口座によって継続することができます。民間銀行は国立銀行の帳簿でも発展を遂げることができます

17.オンデマンドローンを提供する商品および商品伝票の買戻しについては、顧客は銀行の合併日から一定の期間が与えられます。これは地元の新聞で行われるべきです。

18.借入金の返済要求の日から2週間経っても要求貸付金が返済されない場合は、担保商品が売却され、債務をカバーする担保がない場合には元民間銀行の責任従業員の参加により報告が作成される。議定書の作成と同じ手順が、商品および商品文書の下で緊急のローンにも適用されます。

19.有利子証券で担保されている借入金及び特別経常収支について1)旧市議会及び地方自治体の議会を含む政府機関及び国営企業に関する取消利息関連書類に対する借入金の返済は、その計上額から対応する金額を差し引いて行われる。 ; 2)確立された合法的な手続きに従ってそのように認識された一般的機関に対する債務の返済は、配分により有価証券の取消しに対する満足が割り当てられる場合、見積配分により、またはそれらから購入した論文に対するこれらの機関による金額の返済により行われる。借入金に対する債務のうち、国内銀行の当座預金に対する返済額。 3)10,000ルーブル以下の有価証券によって担保されている低所得の借り手の債務は回収不可能であり、国内銀行または当座預金口座での当座預金の差額を伴うキャンセルされた貸付金の返済によってのみカバーされる。

1万ルーブルを超える有利子証券で担保されている貸付金および特別経常勘定については、解約または未解約のいずれかの利付証券で担保されているかどうかにかかわらず、清算の対象となります。もしあれば。そうでなければ、強制的な回収方法まで、負債を現金でカバーするための対策を講じる必要があります。まず第一に、最大の口座は清算の対象となります。

20.特別経常収支の提供にある満期満期国庫の短期債務は、債務の5%を返済し、顧客に債務がある場合は差額または当座預金を返済することにより償却されるべきである。口座、その後の顧客への発行に対する移行金額

21.すべての種類のローンの担保に関する抵当権者の権利は、民間銀行の法令で定義されている範囲で留保されています。ローンが売却された場合、担保は、該当する法律により取り消される場合を除き、借金を超える銀行の超過手取金と差し入れられた免除の両方を自分の銀行口座に預け入れることで受け取る権利を有する。備考有価証券は発行されません。

貸借対照表の項目、金額およびすべての業務を機関に提出するための手順b。プライベートバンクからナショナルバンクへ

22.清算専門学校の義務は、資産および負債、ならびに前者に属するすべての財産の両方の観点から、貸借対照表のすべての項目の受理行為を作成することです。プライベートバンク

23.金額および貸借対照表項目の実際の引渡の根拠は、1917年12月14日の清算貸借対照表と見なされ、上記の日付から引渡日までのすべての変更を伴う。

24.貸借対照表の項目および金額の振替に関する関連プロトコルの写しが、国立銀行の地方機関の部門に送付されます。

25.清算委員会は、直接または特別小委員会の分担により、これらの指示に従って、1917年12月14日から中央銀行の支店の最終設計日までの間に、事業の詳細な監査を実施する。

26.未払いの送金または信用状に関するアドバイス、未実行のコレクションの注文、当座預金の見本署名付き広告、顧客の委任状、耐火物に関する声明、貸付義務などの現在の対応は、ページごとに番号が付けられています。各操作の在庫

27. 10年までの期間にわたる一般的なアーカイブ(通信文)は、別々のバンドルまたはフォルダにまとめられ、各バンドルのシートの表示とともに特別な在庫品として配布されます。

28. 1918年の注文は、在庫リストに従って提出しなければならず、その中で日と注文数は日ごとに示されている。 1908年から1917年までの間に、注文のアーカイブは毎月民間銀行の封印されたパッケージで借りられています。

29. 1917年と1918年の補助書。在庫を放棄する。 1908年から1916年までの過年度の補助書は、天気のパックでレンダリングされます。

30.番号付きの資料:小切手、乗車券、補足券など。枚数と枚数を持つ特別な目録で降りなさい。番号が付けられた材料は私用銀行印で密封されます。

31.暗号(支払い命令の秘密鍵)は、私用銀行の切手で封をされた箱に記載されているときには引き渡されます。

32.職場環境は在庫品でなければならない。

33.弁護士による徴収のために提出された書類は、支部の事務と同時に引き渡さなければならない。弁護士からの文書がない場合、弁護士はこれらの文書を受け入れた機関または個人の領収書、あるいは極端な場合には文書の所在に関する詳細な情報を提出する義務を負います。弁護士はまた、訴訟のすべての訴訟について受領した金額に関する現金報告書を提出します。

人事

34.合併によって開設され転換された人民銀行の機関の人員の形成は、財務部長、および関連する場合には人民銀行の主任委員または財務問題の人民委員会の承認を得て、清算 - 技術専門部会に委ねられる。

35.人事を形成する際には、民間銀行の支店を合併した後、できるだけ自由な従業員を使用することをお勧めします。

36.国家(州)銀行の経験豊富な従業員の中から何人かの人々を含めることが望ましい。彼らは今度は民間銀行の従業員に置き換えることができる。

一般的なメモ

この分野での実際の合併がこの命令の発行前にすでに行われているすべての場合において、さらにその命令によって提案されているものとは異なる方法で、管理者およびコミッショナーはこれを合併の過程を記述して主任コミッショナーに知らせる義務を負う。サイト上で確立された形式での合併の保存のための考慮事項。チーフコミッショナーから回答を受ける前に行った作業をやり直す必要はありません。

署名済み:Krestinsky財務部人民委員。

チーフコミッショナー、人民銀行Furstenbergの知事のために。

1918年12月10日。

Источник: Собрание узаконений и распоряжений правительства за 1917-1918 гг. Управление делами Совнаркома СССР М. 1942, стр. 1401−1406.

Фото для анонса на главной странице и лида: irk. citifox.ru