ドイツの「ロシアの観光スポット」

記事G. Pertsgena「ロシアのアトラクション」

1937年8月6日

ドイツ語からの翻訳

モスクワ、8月4日

旅行プログラムと外国人のためのソビエト - ロシア旅行局の見直し - Intouristは新しい数で強化されました:7月中旬にモスクワ - ヴォルガチャンネルがオープンしました。これはまだ不十分な水供給と今日まで完全に運河化されていないソビエト - ロシアの首都のための新しい機会を生み出す。 「モスクワはヴォルガから水を飲む」とソビエトの新聞は書いている。しかし、まさにこの状況で、運河をはしけや汽船によってもたらされる過度の閉塞から保護する必要があります。ヴォルガとモスクワ川の間を128キロメートル輸送するには、特別な艦隊が必要です。そのような小艦隊は部分的にしか存在しないので、新しい水路の本当の輸送と技術的意義が何であるかを言うのは難しいです。

今完成した建設に関わったすべての人々は命令に恵まれていました。これには、エンジニアや建築家だけではなく、まず第一に、非常に複雑な水力問題を解決する方法について全く考えられていない人々の名前が含まれます。

例えば、インテリアバーマンの副コミッショナーは、レッドスター勲章を授与されました(彼はさらに高い賞を受賞しているので - レーニン勲章)。 Bermanがリーダーです。同時に、GPUの400人の使用人と機能者が授与されました。内務副コミッショナーはモスクワ - ヴォルガ運河の建設の長と見なされると考える必要があります。

1933年に政治的囚人を中心に約50万人を使って白海 - バルト海運河の建設が完了した後、彼は同じ無給労働力を使ってヴォルガとモスクワ川の間の接続を確立するために割り当てられた。

今日でも、青い帽子をかぶったGPUの警備員が銃剣を付けたまま歩き回る、有刺鉄線と警備隊で逮捕された人々のためのキャンプを運河の緑の土手に見ることはまだ可能です。

長い間、観光客はここで写真に出会うでしょう。そこから彼らの心は痛み始めます。用心深い監視の下で逮捕された被収容者に注意を向けないことは不可能である。しかし、ここに頭を置かなければならなかったという理由で、何人の人が報酬なしで残っていたのか誰も知らない。

PCG

翻訳:o [perativny] /翻訳者セクション[ate] 2-A [2ソ連のMGBの主な総局] PAKOVICH

公開:第三帝国の外交の秘密。 1944 - 1955 M:国際財団「民主主義」、2011年。 404−405

Loading...

人気のカテゴリ