「真実は真実がないということです」

「詩を散文として読んではいけません。詩は情報ではありません。その詩の情報はそのメロディーの中にあります。」

「簡単なことを理解してください - そしてこれが私がこれについて言える最も重大なことです - 私には哲学、原則、確信がありません。神経があるだけ

「私はやや要求が厳しく、当たり前のこと、愚かさ、または比例感覚の欠如を許す傾向があまりないことが起こりました。このため、私は他人を避けました。」

「どんな市民活動主義も、私にとっては死にたいと思っています。政治的な問題について考え、自分自身で何かを考えるとき、それは非常に興味深く、魅力的で、エキサイティングで、すべてうまくいきます。しかし、これらすべての反省が論理的な結論、つまり何らかの行動の必要性につながると、すぐにひどい失望感があり、すべてがとても退屈になります。」

「私たちは小型のものにますますなっています。これはすべて自然なことです。まあ、人々は時間がない - 作家、読者

「人生は4分の3です - 無関心な泣き声での自分の認識」

「歴史、州、ボス、人種、両親、月の満ち欠け、子供の頃、不機嫌に鍋に降りることなど、外的な力を非難しないでください。メニューは広範囲で退屈です。あなたが何かに責任を置くと同時に、あなたは何かを変えて無責任の真空を増すというあなた自身の決意を弱めます。」

「愛は利己的ではない一方通行です。だからこそ、都市、建築そのもの、音楽、死んだ詩人、あるいは特別な気質の場合には神格を愛することができるのです。愛は反射とその主題の間の小説です。」

「それにあるのは人生の本質ではない。しかし、それはそこにあるべきだという信念の中で」

「幸福はあなたが自由な状態であなた自身の構成の要素に遭遇する瞬間であるようです。」

Loading...