「村の評議会では、商品はないので死んでもいいと言われました」

製品の不足について中央黒土地域のVolovsky地区の教師の声明

01.06.1933

私たちは文字通り飢えているので、私たちは市場で製品を買うことができない4月と5月の賃金を受け取っていないので、私たちは6月の食料を私たちに供給するための早急な措置を講じるようお願いします。村の評議会で、私たちは食べ物がないとあなたは死ぬことができると非常に失礼に言われました。それはこのように判明します:学年は働いています、そして今それは不必要なゴミのように路上で投げられます。

私たちは、このような状況に我慢するつもりはありません。なぜなら、私たちは、政府が職員を確保し、教師とその家族を支給するという令をよく知っているからです。 N-Kartsevoの村議会で教えることに対する態度にもっと深刻な注意を払うべき時であるように私達には思われる、それは教師が学年後に飢餓で死ぬということはどこにも書かれていない。有効な措置がとられるのを待っています。

T.ロバノバ、O.セリバノバ

出典
  1. TsDNIリペツク地域。 F. 13. Op。 1. D. 66. L. 85-85

Loading...