ロシアと日本の間のポーツマス平和条約、1905

1905年8月23日(9月5日)にポーツマスで締結されたロシアと日本の間の平和条約

全ロシア皇帝である陛下と、自国と国民のために平和の恩恵を受けたいという思いから生まれた陛下は、平和条約を締結することにしました。

全ロシア皇帝陛下 - 閣下セルゲイ・ヴィッテ氏、国務長官、ロシア帝国大臣委員会委員長

帝国ロシア裁判所のHofmeister、および米国の非常に優れた全権擁護大使であるRoman Rosenの閣下。そして

日本の皇帝陛下 - 閣下男爵夫人、ユサミ、一等星の帝国秩序の司令官、外務大臣、

コゴロタカヒル氏、ユサムミ氏、一等神聖な宝の帝国秩序の指揮官、特別使節およびアメリカ合衆国の全権大臣、

正しい形で見つけられた彼らの力の交換についてはどうですか、以下の記事を決めました。

第1条

今後、平和と友情は、全ロシア皇帝と日本皇帝の両陛下の間、そして国家と相互の主体の間にあるでしょう。

第二条

ロシア帝国政府は、朝鮮で日本に優勢な政治的、軍事的および経済的利益を認めて、帝国日本政府が韓国で尊重しなければならないであろう指導、後援および監督の措置に介入し、それらを妨害しないことを約束する。

韓国のロシア国民は他の諸外国の国民と全く同じ状況を享受すること、すなわち彼らが最も恵まれた国の国民と同じ状況に置かれることは合意されています。

誤解の理由を避けるために、両締約国は、ロシアまたは朝鮮領土の安全を脅かしかねない、ロシアと朝鮮の国境でのいかなる軍事措置もとることを控えることが同様に確立されています。

第3条

ロシアと日本は互いに約束します:

1)本契約に付随する附属書Iの規定に従い、遼東半島のリースの対象となる領土を除き、満州を完全かつ同時に避難させる。

2)満州の、ロシアまたは日本軍によって占領されているか、または前述の領土を除いて彼らの監督下にあるすべての地域を、完全かつ完全な量で中国の排他的支配に戻すこと。

ロシア帝国政府は、満州における土地の優位性、あるいは中国の主権に影響を与える可能性のある、あるいは平等な権利の原則と相容れない優先的もしくは排他的な譲歩はないと宣言しています。

第4条

ロシアと日本は、すべての人々に平等に適用され、満州の貿易と産業の発展に中国が取り得る共通の措置にいかなる障害も置かないことを相互に約束している。

第5条

ロシア帝国政府は、中国政府、ポートアーサー、タレンおよび隣接する領土および領海のリースの同意、ならびにこのリースまたはその構成要素に関連するすべての権利、利点および譲歩の同意を得て、日本帝国政府に譲渡し、同様に劣っています。前述のリースの対象となる地域内のすべての公共施設および財産を管理する。

両締約国は、上記決議において言及されている中国政府の同意を得るために相互に約束している。

帝国日本政府は、その一部として、上記の領域におけるロシア市民の所有権が完全に尊重されることを保証します。

第6条

ロシア帝国政府は、中国政府、長春(Kuan-chen-tzu) - ポートアーサー間の鉄道、およびこの地域におけるあらゆる権利、特権および財産を有するすべての派生物の同意を得て、報酬なしで日本帝国政府に譲渡することを約束します。指定された鉄道に属しているか、またはその賛成で開発された、指定された地域のすべての炭鉱だけでなく。

両締約国は、上記決議において言及された中国政府の同意を得るために互いに約束している。

第7条

ロシアと日本は、満州における鉄道の運営を商業目的および産業目的のみで行うことを誓約していますが、戦略目的のためではありません。

この制限は、遼東半島のリースの対象となる地域の鉄道には適用されないことが確認されています。

第8条

ロシアと日本の帝国政府は、性交と貿易を奨励し促進する方法で、満州の接続された鉄道を整備するための条件を決定するためのできるだけ早く別の条約を締結するでしょう。

第9条

ロシア帝国政府は、サハリン島南部とそれに隣接するすべての島、ならびにそこに位置するすべての公共の建物と財産の永遠かつ完全な所有権について、日本帝国政府に譲渡します。北緯50度の平行線は、譲渡地域の限度とします。この領域の正確な境界線は、この条約に添付されている補足第2条の規定に従って決定されます。

ロシアと日本は、サハリン島とそれに隣接する島々、および同様の軍事施設の所有物にいかなる要塞も建設しないことで相互に同意します。同様に、彼らは相互にLaperuz海峡とTatar海峡での自由航行を妨げる可能性のあるいかなる軍事措置もとらないことを約束している。

第X条

ロシア国民、日本に割り当てられた領土の居住者は、彼らの不動産を売却し、彼らの国に退職することを与えられます、しかし、彼らが割り当てられた領土内にとどまることを選ぶならば、彼らは彼らの産業活動と財産権の完全な保護によって保護されます。日本の法律および裁判管轄に服する。政治的または行政的な法的能力を持たないすべての居住者のこの領土に留まる権利、またはこの領土から彼らを追い出す権利は、日本から完全に自由に奪われます。しかしながら、彼女はこれらの居住者のために彼らの所有権を完全に確保することを約束します。

第11条

ロシアは、日本、オホーツク、ベーリングの海域でロシアの所有物の海岸に沿って日本国民に漁業権を付与するという形で日本との協定を締結することを約束します。そのような義務がすでにこれらの地域でロシア人または外国人に属している権利に影響を及ぼさないことに同意します。

第12条

日露貿易貿易条約は戦争によって廃止されたため、日露両国政府は、戦前の新条約の締結を待たずに、商務関係に基づくことを認めた。輸出入関税、税関儀礼費、通過費およびトン数料金、ならびに代理人の入国および滞在の条件を含む、最も好まれる国家原則ある国の裁判所は別の国の裁判所にあります。

第13条

この条約の発効後できるだけ早く、すべての捕虜は相互に返還されるでしょう。ロシアと日本の帝国政府はそれぞれ特別なコミッショナーを任命します。いずれかの政府の権限の下にあるすべての囚人は、受領国の最後の長官によって事前に示されることになる送信国のそれらの都合のよい港を含めて、それらを適切に受領する権限を与えられた他の政府長官に渡される。

ロシアと日本の政府は、囚人の譲渡後、可能な限り早い時期に、囚人の世話のために直接の費用と彼らが捕獲または放棄された日から死亡または帰宅する日までの維持費によって正当化される文書を提示する。ロシアは、上述のように、これらの勘定の交換においてできるだけ早く日本に返済することを約束します。これは、日本がこのように負担した実際の費用額とロシアが均等に負担した実際の費用額との差です。

第14条

この条約は、両陛下、全ロシア皇帝、日本皇帝によって批准されます。そのような批准は、できるだけ早く、そしていかなる場合にも条約の調印後50日以内に、サンクトペテルブルクの米国大使と東京のフランスの使節を通じて相互にロシアと日本の帝国政府に伝えられるでしょう。そのような最後の通知の日から、本契約はそのすべての部分において完全に効力を発します。

正式な批准の交換は、できるだけ早くワシントンで行われます。

第15条

この条約はフランス語と英語で二重に署名されます。両方のテキストは完全に似ています。しかし、解釈上の意見の相違がある場合は、フランスのテキストが必須になります。

それを目の当たりにして、相互委員はこの平和条約に署名し、それに彼らの印を付けた。

8月23日(9月5日)にポーツマス(ニューハンプシャー州)で演説された1,995。これは明治38年の9月5日に相当する。

(MP)(続き):小村裕太郎
(MP)(フォロー中):Sergey Witte
(MP)(続):K.タカヒール
(MP)(続き):ローゼン

追加の記事

この日のロシアと日本の間の平和条約の第3条と第9条の決定によれば、署名された全権委員は以下の追加条項を決定しました:

I.第3条へ

ロシアと日本の両帝国政府は、平和条約の発効と同時にそしてその直後に、満州国からの軍事力の撤退を開始することを互いに約束した。そしてその日から18ヶ月間、両国の軍隊は遼東半島の賃貸地域を除いて満州から完全に撤退されます。

正面の位置を占める両国の軍隊は、最初に降格するでしょう。

締約国は満州で彼らの鉄道路線を保護するために警備員を保持する権利を有する。この警備員の数は1キロメートルあたり15人を超えないでしょう。そして、この最大数の範囲内で、ロシアと日本軍の司令官は、相互の合意により、実際の必要に応じて、可能な限り少ない数で、任命される警備員の数を決定するでしょう。

満州のロシアと日本の軍隊の指揮官は、上記の原則に従って避難に関するすべての詳細について合意し、相互の合意によって、できる限り早くそしていずれにせよ18ヶ月以内に避難を実行するのに必要な措置をとるでしょう。

イイ第9条へ

この条約が発効するとすぐに、各締約国によって任命された同数のメンバーで構成される境界委員会が、サハリン島でのロシア人と日本人の所有物の間の正確な境界線を恒久的な印でマークします。委員会は、地形的条件が許す限り、グレー緯度の50番目の平行線に沿って境界線を引くことを義務付けられ、ある点でそのような線からの偏差が必要であると判明した場合同委員会はまた、割り当てられた島を構成する隣接する島のリストと説明を作成する義務を負い、そして結論として、委員会は割り当てられた領域の限界を定める地図を作成し署名するでしょう。委員会の作業は、高締約国の承認を得るために提出されます。

前述の追加条項は、それらが付帯する平和条約を批准することによって批准されたと見なされます。

8月23日(9月5日)のポーツマスは1959年で、明治38年9月5日に相当します。

(サイン入り):小村裕太郎
(署名):Sergey Witte
(署名あり):K.タカヒール
(署名あり):ローゼン

この条約と2つの追加条項を考慮してトーゴは、それらをすべての内容の中で受け入れ、確認し、そして批准し、上記の行為の上記のすべては不可避の方法で観察されます。その証人の中で、私たち、この私たちの帝国批准は、個人的に署名し、私たちの国の印を承認するよう命じました。

キリスト降誕の夏の最初の日の10月、ペテルゴフで与えられた、1,195、11年目の私たちの同じの治世。

タコスは彼の本当の帝国陛下自身の手で書かれています:

「ニコラス」

極東の事情に関する条約と外交文書のコレクション1895-1905 T.1、B.1。 SPb。、1906. p。741 - 753。

Loading...

人気のカテゴリ