決議「赤の恐怖について」

1955年9月5日のSNK RSFSRの決議「赤の恐怖について」

RSFSRの人民委員会の評議会

1918年9月5日の赤字に関する解決策

この委員会の活動に対する反革命、投機および職業罪の撲滅に関する全ロシア緊急委員会の委員長の報告を聞いた人民委員会は、この状況では後部にテロを提供することが直接的な必要性であると認定する。

全ロシア緊急委員会の反革命、投機および職場での犯罪との闘いにおける活動を強化し、より体系的にするためには、可能な限り最大数の責任ある党友を派遣する必要がある。

ソビエト連邦を強制収容所に隔離して階級の敵から守ることが必要である。

ホワイトガードの組織、陰謀や侮辱に触れたすべての人が処刑の対象となること。

処刑された者全員の氏名、およびこの措置をそれらに適用する根拠を公表することが必要であること。

正義の人民使徒D. KURSKY
内務人民委員G. PETROVSKIY
人民委員会評議会の議長V. BONCH - ブルーヴィッシュ
Sovの書記ナルコムL. FOTIEVA

Loading...