アメリカの大恐慌


1935年、米国カリフォルニア州サンフランシスコで大恐慌時代に失業中


1929年の金融崩壊後のニューヨーク証券取引所近くの人々の群衆


ポスターの碑文:「私は3つの工芸品を知っています、3つの言語で話し、3年間戦った、私は3人の子供を持ち、3ヶ月間何もしていません。必要なのは1つの仕事だけです。」


うつ病5セント・スープの待ち行列、アメリカ合衆国1930


失業者は広告看板の近くに行きます。 «次回はリラックスして電車を選択してください。」 1937年カリフォルニア 大恐慌の間に約250万人が南とグレートプレーンズに家を出て道路を歩いた


失業者のキュー


失業者の男性がロサンゼルスのアメリカ雇用局で仕事を争う


カリフォルニアでエンドウ豆を集めるための最大のキャンプの1つで。 1936年2月


ニューヨークのイースト12丁目の小屋の前に失業者。 1937年12月


雇用サービス管理に関する日々の行。テネシー州メンフィス1938年6月


ニューヨークのストリートトレーディング


1939年、貨車での無職乗り物


ホームレスの家族はどんな仕事を求めて貨物列車で旅行します。彼らの持ち物はすべて1930年代の隣にあります


飢餓と絶望の顔。フリースープ、アメリカ1930年代

Loading...